成長因子育毛剤

2014年12月04日

いろいろ紹介A

ゲームブックそのものの制作支援ツールではないものの、ゲームブックを作るにあたって使えそうなツールをいくつか紹介します。

Campaign Cartographer 3
https://secure.profantasy.com/products/cc3.asp

gallery29.jpg
gallery01.jpg
gallery07.jpg

ファンタジー風の地図を作成するツールです。Windowsで動作します。
残念ながら外国のソフトなため全て英語で日本語のパッチも作り方の説明もございません。
シェアウェアで30ポンドします。
かなり高機能で本格的なファンタジーマップが作成できます。あのソーサリーの地図のような味わいあるものも作れるというから凄い。
操作方法ですがYouTubeに使い方の動画があります。英語ですが視覚的にみれば分かる範囲だと思いますので、中世ファンタジー物を作りたいと考えている方は試してみては。

無料で日本語に対応した地図作成ソフトはないの?
とお考えのあなたにもそういったソフトはあります。

AutoREALM日本語版
http://autorealm-ja.sourceforge.jp

こちらでも地図の作成はできます。ただちょっと操作方法が難しいかも。



それっぽい名前ジェネレータ
http://tinyangel.jog.client.jp/Name/NameGenerator.html

中世ファンタジー関連のゲームブックを作る際、割と考え込んでしまうのが人名や地名などの名称です。
URLの先のページでヨーロッパ系の国々のそれらしい名前を男女別の人名と地名のカテゴリーに分けてランダムで作成してくれるサイトです。
無料で使えて結構便利ですよ。


最後はテキストエディタのご紹介

WZ Writing Editor 2
http://www.wzsoft.jp/wzw2/index.html

Windowsの前身OSであるMS-DOSの時代からある老舗のエディタ。当時はWZでなくVZでした。
その進化版がWZ Editorでそのソフトから小説や脚本を書くことに特化したエディタがWZ Writing Editorです。
2のバージョンはなんと近日発売でプレビュー版が試せます。

とにかく機能がてんこ盛りの充実内容です。
数万の値もするMS Wordなんかよりも4800円のこれの方がはるかに高機能です。
というかゲームブック作りにMS Wordは今時ありえねーよと言えるほどに不便です。
やはりコンテンツデータの作成はワープロでなくテキストエディタを使いましょう。

このソフトはテキストエディタだけでなくアウトラインプロセッサの機能も備えているのでプロットを確認しながら本文を書くなんて芸当も可能です。
縦書きも対応してルビもふれます。
そのまま電子書籍の企画であるEPUB3やPDFもアウトプット可能。
機能はここでは書ききれないほどあります。

おすすめなのは「GameBookCompiler」と合わせて使用する方法。
WZ Writing Editorでプロットを参照しながら本文を書いて、
GameBookCompilerでシャッフル。
そのテキストデータをまたWZ Writing Editorに流し込んで、
EPUBやPDFで出力。
出来上がったファイルはコンパイルしてKindleやiBooksでゲームブック販売できます。

こういう風に複数のアイテムを効率良く使うとデジタルゲームブックは意外とすんなり仕上がります。


今回は以上です。
また、ゲームブック作成に便利なツールが見つかりましたら記事にします。


posted by ゲームブック作成ツール集! at 20:05| 制作ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。