2013年08月14日

Quest

「Quest」はイギリスの企業が制作して公開している無料のソフトウェアとクラウドのサービスです。

screenshot.png

海外では有名なソフトでゲームブック形式も作れますが、テキスト入力型のアドベンチャー作成ソフトの方がメジャーなようです。テキスト選択式のゲームブックを作るにしろ機能的には充分だと思います。

このソフトで作成している人も多く、メーカーが作成した公開サイトに多くの作品が寄せられて中でも優秀な作品はiPhoneやAndroidのアプリに変換させて販売しているみたいです。ただ日本語で作成する人には関係ない話ですが…

このQuestはWindows用のソフトウェアとして提供もされていますが、ネットでのクラウドサービスとしても提供されていますのでMacを使っている方もブラウザがあればサービスにログインしてゲームブックを制作できます。

ですが、出力できるファイル形式は独自の(.quest)形式のみで、これはメーカー側で設置したサイトに公開するか、プレイするには同じソフトが必要となるようです。

ソフトウェアもウェブサービスも機能そのものは同じで最初に作る時にテキストアドベンチャー方式かゲームブック方式かを選んで制作します。

機能は解り易くスクリプトも豊富でウィンドウから選んで設置できるなど、他のゲームブック制作支援ツールを一通り使ってきた中ではこれが一番使い易く高機能かなと思います。
ページは画像や音楽どころかYouTubeまで貼れます。

スクリプトが豊富なのでその気になればステータス管理やバトルシステムなども可能でしょう。

ウェブサービスではデータが記録されるのでEverNote的な使い方が可能です。いわばゲームブックのデータをパラグラフ単位で記録しストレージとして使うやり方です。
そういう使い方もできるので出張先や旅先などで編集したい方はサービスを使ってみるのもいいかもしれません。


Quest
http://textadventures.co.uk/quest

おすすめ度:★★★
マニュアルURL:http://quest5.net/wiki/Creating_a_gamebook
サンプルゲーム:http://textadventures.co.uk(山ほどありますが日本語のものはないです)
カテゴリー:ソフトウェア(フリー)、クラウドストレージサービス(フリー)
対象OS:Windows、各種ブラウザ
言語:英語
フローチャート:なし
出力ファイル方式:独自ファイル(.quest)
変数:可
アイテムシステム:可
ステータスシステム:可
バトルシステム:可
画像音楽メディア挿入:可
posted by 文芸遊戯研究会 at 19:25| Comment(4) | 制作ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お初です、Questと似た系統の物に、RagsGameとかDayDreamerなどもありますね、ゲームブック系と言うわけではなく、ゲームブックも作れます、と言う感じですが。
日本のでLiveNovelとかになると、趣旨が違うかな?
Posted by ディアーナ at 2013年10月19日 19:04
ディアーナさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

RagsGameのサイトは以前見た事があり、テキストアドベンチャーかなと思って深くまで調べてませんでした。
DayDreamerは全く知りませんでした。

コマンドをテキスト入力して進めるゲームがあって、それがインタラクティブフィクション(テキストアドベンチャー)と呼ばれているようです。QuestとInform7とTadsがメジャーなようです。

ただディアーナさんが挙げられたRagsGameとDayDreamerに関してはテキストアドベンチャー形式なもののコマンド入力方式ではなく、コマンド選択方式になってますね。

確かにゲームブックには近い形です。アドベンチャーゲームといったところでしょうか。
私自身、ゲームブックに関してどこまでがゲームブックで何処からがゲームブックでないのか明確な定義が分からないのであまり独断的な判断はできませんが、こういったアドベンチャーゲームのツールも作るのは難しいものの自由度が高くていいのかなと思います。
少し動かしてみましたがDayDreamerの方はJava環境で動いているためなのか日本語は無理なようです。

自分としては昔に書籍で販売されていたゲームブックに近い形で表示されるものを紹介していますが、今後アドベンチャー全般に渡って紹介できればいいなと理想を抱いてます。

LiveNovelは懐かしいですね。昔に少しだけですがいじった記憶があります。この手のソフトは日本が先を行ってますね。(レンパイなどもありますが…)一応私的にはサウンドノベルゲーム製作ツールかなと考えてます。

この手のツールでは最新のHTML5を使用しているティラノスクリプトだけ紹介はしているのですが、それでもやはりLiveNovelがいちばん使いやすいかなと思います。

色々と情報ありがとうございます。
Posted by 遊戯書籍愛好家 at 2013年10月19日 22:32
DayDreamerは日本語使えました、でも使い難い、と言うか使い方が分かりにくいです。
Editor OptionsでEnable Unicode Supportにチェック入れれば日本語が使えるようになります。

Questは結構使いやすいです、最近キー入力待ちの設定をしようとしてもエラー出て、原因が分からなかったけど、自己解決。(`・ω・´)

あとはダイスロールの機能がほすぃですね。
Javaスクリプトも使えるみたいなので、それで何とかなるかなぁ。
Posted by ディアーナ at 2013年10月23日 00:30
ありゃま、ユニコード使えるんですね。全然見てなかったでした。。。確かに使いづらいです。

ランダムで数値をはじき出す機能が付いたツールは結構あるのですが、ダイスロール機能となると実装しているのはDivine GameBook Creatorくらいですかね。Fighting Fantasy Frameworkもあるにはあるんですが用途が限られますし。。。
ダイスロールのみのJavaはあるのですが、出した数値を反映させるのがあればよいのですが、自分も生憎プログラムには疎いもので今は勉強中です。

Posted by 遊戯書籍愛好家 at 2013年10月23日 19:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]