2013年08月16日

ZTAB Editorの使い方01

ゲームブック制作ツールの「ZTAB Editor(Ze Text Adventure Builder)」の使い方を書きます。

ZTAB Editor(Ze Text Adventure Builder)
http://sourceforge.net/projects/ztab/


自由自在に動くフローチャートでグラフィカルに表示します。
パラグラフや選択肢の設置からフラグ分岐まで全てフローチャート上で視覚的に操作できるので、どちらかというと初心者向けに作られているソフトウェアと思います。

しかしながら任意のパラグラフを通過した事によるフラグ分岐は出来るものの、変数を使ったシステムはありません。
ステータス管理やバトルなどのないストーリーを追うだけのゲームブックを制作するなら楽に作れると思います。

このソフトでは各文章の区切りをFact(ファクト)と呼んでいますが、このブログでは全て「パラグラフ」という名称に統一します。


ダウンロードしてフォルダに展開したらアプリケーションを立ち上げてみましょう。
一番左上のテキストの形をしたアイコンをクリックすると新規書類が立ち上がります。

WS000000.JPG

適当に名前を入れて「OK」を押しましょう。

WS000001.JPG

新しく画面が立ち上がり色々な入力欄が作られました。これが作業画面です。
新規で作るとスタートのアイコンが一つあるだけです。立ち上げた時に真っ白な場合は空白をドラッグし、画面を移動させて探してみてください。


では各項目の説明をしますね。

WS000019.JPG

画面左半分はフローチャートを表示します。
フローチャートはドラックで自在に動かせマウスのスクロールで拡大縮小が可能です。
パラグラフは灰色の四角いアイコンで下にタイトルが表示されます。
選択肢は丸い緑のアイコンで下に選択肢のテキストが表示されます。
フラグ分岐は点線と?マークの入った丸いアイコンで表示され、他の選択肢との間に割り込むような形で存在します。

画面右半分はフローチャートから選んだパラグラフの情報を表示します。
フローチャートにてパラグラフや選択肢のアイコンをクリックすると枠線とリンクしている矢印が太くなります。
これはこのパラグラフや選択肢がアクティブになり、その情報が右画面に表示されているという事です。

右画面の一番上はパラグラフのタイトルが入ります。このタイトルがフローチャートのアイコンの下に入ります。
その下はメディア挿入欄です。
その下に本文を入れる欄があります。
一番下は選択肢の欄です。


それではメニューボタンの説明です。赤字で書いた数字で説明します。

02.jpg

1.新規書類作成ボタンです。
2.ファイルを開きます。拡張子は.ztbです。
3.現在開いて作業しているファイルを閉じます。
4.ファイルを保存します。拡張子は.ztbです。
5.ファイルを印刷します。各パラグラフには番号が付けられて自動でシャッフルして展開されます。印刷したものはそのまま本のようにプレイできるようにされています。
6.このアプリケーションを終了します。
7.インポートボタンです。
8.エクスポートボタンです。

03.jpg

9.ランモードボタンです。これを押してアクティブにしておき、スタートから画面右下にある選択肢欄の左にあるGoボタンを押せばフローチャートに形跡が表示されます。通ったパラグラフは青に変わり通ったリンクの矢印が太くなります。フローチャート上でどう進むのか視覚的に確認したい時に便利です。
10.ランモードで表示した形跡をリセットするボタンです。
11.フローチャートをウィンドウの大きさに収まるようにズームします。
12.フローチャートを一定の大きさに戻すボタンです。
13.スタートパラグラフへ戻るボタンです。
14.検索窓です。各タイトルから検索してそこへ移動します。

04.jpg

15.フローチャートの分岐フラグを表示するか非表示にするか選べるボタンです。
16.ファイルをHTMLやRTFに出力するためのボタンです。右の矢印をクリックするとファイルとして出力保存せずにゲームブックをブラウザでプレイできるテストが出来ます。
17.セレクトボタンです。常にオンになっていて操作はできないようになってます。
18.パラグラフを新たに作るボタンです。右クリックでも表示されます。
19.選択肢を作るボタンです。選択肢を入れるパラグラフをアクティブにした状態でこのボタンをクリックするとカーソルが+に変わり、そのまま選択した時に飛ぶリンク先のパラグラフをクリックすると矢印で繋がります。右クリックでも表示されます。右クリックでも表示されます。
20.分岐フラグを設置するボタンです。分岐する条件をセッティングするパラグラフをアクティブにしてこのボタンをクリックするとカーソルが+に変わり、分岐を使う選択肢をクリックすると点線の矢印でそこに割り込みます。右クリックでも表示されます。

05.jpg

21.パラグラフや選択肢のアイコンを削除するボタンです。中の情報もすべて消されます。右クリックでも表示されます。
22.分岐フラグの条件を逆転させるボタンです。フローチャート全てに適応されます。使う必要性はないと思います。
23.フローチャートを横並びに整列させるボタンです。一度使うと元に戻せませんので注意。
24.解像度の低いパソコンだと作業がしづらいのでその時にこのボタンを押すとシステムで表示されている文字が小さくなり入力欄の枠が拡がります。
25.設定ボタンです。ファイルにパスワードを設定したり、FTPの設定やテキストのフォントや言語などを設定できます。
26.ヘルプボタンですがAboutしかありません。




続いてパラグラフタイトル欄とメディア挿入欄の説明です。

07.jpg

1〜4まではパラグラフタイトル欄の説明でそれ以降はメディア挿入欄の説明です。

パラグラフタイトル欄
1.選択したパラグラフをスタートパラグラフへと変更します。
2.4に入力したパラグラフを削除します。
3.4に入力したパラグラフを検索して移動します。
4.アクティブなパラグラフ、又は選択肢のテキストを表示します。入力すればそのタイトルを検索して移動します。

以下メディア挿入欄
5.メディアをこのアプリケーションに読み込ませます。All media欄にそのファイルが追加されます。
6.選択したファイルを削除します。
7.選択したメディアを専用の外部ソフトウェアでプレビューします。
8.インポートメディアボタンです。5番のボタンと役割は一緒です。
9.エクスポートメディアボタンです。選択したファイルを出力します。
10.ソフトウェアで登録してAll media欄に表示されたファイルをパラグラフへ挿入するボタンです。挿入されると右のFact media欄に表示されパラグラフ本文に挿入されます。
11.Fact media欄からファイルを消したい場合にクリックします。All media欄からは削除されません。
12.Fact media欄に追加した画像ファイルは複数重ねて表示できます。その重ね順を12番と13番のボタンで変えられます。選択したファイルを上へ移動します。
13.12番同様に、選択したファイルを下へ移動します。




次は本文を入力する欄の説明です。

08.jpg

1.インポートテキストボタンです。テキストファイルを読み込んで本文欄に表示させます。
2.エクスポートテキストボタンです。本文欄に記載されたテキストをテキストファイルとして保存します。
3.選択したテキストを太字にします。
4.選択したテキストの色を変更します。
5.左揃えにします。
6.中央揃えにします。
7.右揃えにします。
8.テキストの各行を一定の枠に揃えますが日本語では使えません。
9.フォントサイズを変更します。
10.フォントの種類を変更します。






最後は選択肢欄の説明です。

09.jpg

1.選択肢を追加するボタンです。ただフローチャートから選択肢を設定するタイプのソフトですのでここから追加するとフローチャートには表示されずにエラーを吐いてストップしてしまいます。ソフトウェア制作者側のミスだと思われます。使わないで下さい。
2.選択した選択肢を削除します。
3.選択した選択肢をフローチャートの中心へ移動させます。
4.選択肢を設けるとここに四角い無地のボタンが表示されクリックするとリンクされたパラグラフをアクティブにします。
5.選択肢の注釈を記載します。注釈はゲームタイプのHTMLをプレイした時はプレイヤーには表示されません。分岐フラグを設定した時に同じ文章の選択肢が複数表示するケースがあるので、それが見分け易いようにするため設けられています。記入するとフローチャートにはその内容が括弧付きで表示されます。
6.選択肢のテキストを記載します。



これで全部です。

では次の記事にて実際に作成してみましょう。
posted by 文芸遊戯研究会 at 14:42| Comment(2) | 制作ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
趣味でゲームブックを書いている者です。

「ZTAB Editor」ほか、紹介されている制作ツールをいくつかいじってみました。
webの知識に乏しい私でも、こちらに書いてある説明通りやってみたら簡単にできました。
感謝、感謝です。
ありがとうございました。

『禁断の魔術』も楽しませてもらいました。
すべてのエンディングを見ましたが、「トゥルー」の達成でやや手こずりましたよ。
金に目がくれるとだめですねぇ。
Posted by mizumoto at 2013年09月08日 17:10

mizumotoさん。はじめまして。
ブログ管理人の遊戯書籍愛好家です。
mizumotoさんのサイトみたらあの温故屋さんだったのですね。存在は知っていました。

紹介した記事が役に立てて貰ったようでこちらも感謝です。説明の仕方が分かりやすいかなと不安に思ってましたから。
「ZTAB Editor」は割と使いやすいです。「AXMA Story Maker」も多少タグを使わなければなりませんがそこそこ使いやすいと思います。「The GameBook Authoring Tool」もwebには直接出力できませんがパラグラフ番号をシャッフルする機能もあるので印刷媒体にするには楽だと思います。
 分からないことがあったらいつでも聞いてくださいね。

自作ゲームのプレイありがとうございます。全部読んでいただいて感謝してます。
あまりストーリー性はなくゲーム性だけ考えた試作品ですので自信はなかったのですけどね。
今は前回を反省してストーリーに重点を置いた長編を作っています。

mizumotoさんも執筆活動がんばってください。今度作品買いますね。
Posted by 遊戯書籍愛好家 at 2013年09月08日 19:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]