2013年08月25日

Questの使い方02

「Quest」でアカウントを作成して編集画面まで移った所まで記事にしました。

このサービスはスクリプトが膨大にあります。
よって各機能を説明するのは長くなると思います。

その反面、これで作成したゲームブックは多種多様なスクリプトが使えるという事です。

00.jpg

前回の記事で最初に表示された編集画面では、左のツリー型リストの「game」の部分が選択されてます。この「game」はゲームブック全体の設定です。選択された状態では上図のようになっています。
上から説明しましょう。

【Setup】タブ
Game name: ゲームブックのタイトルを入力します。
Subtitle: サブタイトルを入力します。
Author: 作者名を入力します。
Version: 作品のバージョンを入力します。初めて完成した時点が1.0で細かい所を変更していくと1.0.1とか1.1とかに増やしていきますが、決まりはないので自由に使って下さい。
Category: カテゴリーです。英語表記ですがファンタジー、ホラー、ミステリーなど作品のストーリーに合わせたカテゴリーを設定できます。アダルトなんてのもあります。
Year of release: 作品をリリースした年を入力します。
Cover art: 作品のイメージ画像をここで指定します。公開したときにこのサムネイルが表示されます。
Description: 作品のあらすじや説明です。公開した時にこの文が説明文になります。

【Display】タブ
下の画像のように表示されます。

12.jpg

Font
Base font: ベースフォントです。作成編集画面のフォントです。
Web font: ウェブフォントです。公開してプレイする時のフォントです。
Browse available web fonts: ウェブフォントの記載例を見る事が出来ます。
Font size: フォントの大きさです。

Colour
Background: 背景色を設定します。
Foreground: テキストの色を設定します。
Link foreground: リンクされたテキストの色を設定します。

ゲームブック全般の設定をしたらパラグラフの作成をしましょう。
左のリストからPage1をクリックしてアクティブにしてください。Page1の情報が右ページに表示されると思います。

01.jpg

作成する前に各所の説明をしたいと思います。

上の編集ボタン類の説明です。
Page: パラグラフを新たに作ります。
Undo: 元に戻します。
Redo: 元に戻したのをまた戻します。
Copy: 選択したテキストをコピーします。
Paste: コピーしたのをペーストします。
Play: テストプレイボタンです。

Help: ヘルプです。専用のwikiにアクセスします。(英語)
Settings: シンプルモードに変更出来ます。
Saved: 保存します。ウェブサービスではページを切り替える度に保存しているのであまり使わないでしょう。


左のパラグラフリストの説明です。
game: ゲームブック全体の設定をしたいときはこれを選択して下さい。
player: これが属しているパラグラフがスタートページになります。移動可能です。
Page *: パラグラフです。

パラグラフ名の右側にあるボタンの説明です。
Move: 表示されているパラグラフを別のパラグラフの配下へ移動させます。
Delete: 表示されているパラグラフを削除します。

パラグラフ名の下にあるタブは「Page」「Action」の二つがあります。
「Action」タブでは再生する音楽ファイルを選択できます。

11.jpg

「Page」タブの説明は以下に記載します。

ページタイプはそのパラグラフで何を表示するかジャンルを選びます。
これはそのパラグラフの本文前の先頭で実行されます。テキスト内部の途中でスクリプトを使いたい場合はタグを使って下さい。
Text: パラグラフにテキストのみ表示させます。
Picture: テキストと画像を挿入します。選ぶと画像ファイルのパスを入力するゲージが現れます。

10.jpg

YouTube: テキストとユーチューブ動画を表示します、選ぶとYouTubeのIDパスを入力するゲージが現れます。

09.jpg

External link: テキストの他に外部リンクを設けたい時に使います。選ぶとリンク先のURLを入力するゲージが現れます。

08.jpg

Script: スクリプトを挿入したい時に使います。こちらはテキストは入力出来ません。

07.jpg

Script + Text: スクリプトとテキストを使う時に選びます。

06.jpg



本文欄は本文を入力する場所ですが、本文テキストの中にスクリプトのタグを入力する事もできます。
そのショートカットボタンが本文欄の右横のタグです。

05.jpg

Bold: 太字のタグを入れます。選択したテキストに適応させる訳ではないので注意
Italic: 斜体のタグを入れます。
Underline: 下線付きのタグを入れます。
Page: パラグラフへのリンクを貼ります。本文欄下の選択肢で設定したリンクは本文の下に表示されますが、このタグで指定すると本文中に選択肢を入れる事が出来ます。
Once: このタグ内のテキストは一度だけ表示され、同じパラグラフへ二回目にやってきた時には表示されません。
If…: 条件タグを入れます。本文欄の上のスクリプト指定で設定したスクリプトと違いテキストの途中で分岐や表示させられます。
Random text: あらかじめ設定した幾つかのテキストやリンクをランダムで表示します。
Image: 画像を挿入します。テキストの間に画像を表示できます。


下のリンク先ページの項目の説明です。
Options:下のチェックボックスにチェックを入れると上に「Remove」ボタンが表示されます。これをクリックするとチェックした選択肢を削除出来ます。削除されるのは選択肢だけで指定されているパラグラフそのものは削除されません。

04.jpg

Page下のパラグラフ名をクリックすることでそのパラグラフの編集画面に飛ぶことが出来ます。

選択肢テキストのゲージの下にある
Add New Pageは新しく選択肢を設けると共にそのリンク先のパラグラフも新規作成します。

03.jpg

Add Link to Existing Pageは既に作られているパラグラフへリンクする選択肢を作成する時に使います。

02.jpg

とりあえずここまでで一端記事を終了します。
posted by 文芸遊戯研究会 at 20:54| 制作ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする