2013年08月30日

自作ゲームブックを公開

一応Divine GameBook Creatorを使って一つのゲームブックを作ってみました。

ストーリーはファンタジーの王道的なもので主人公の冒険者がある魔導士の護衛をギルドから引き受ける事から話が展開していきます。

ステータスやバトルシステムは海外では有名なゲームブックの作家であるスティーブ・ジャクソン氏が創り上げた「ファイティング・ファンタジー」シリーズで使われているシステムを適用しました。
「ソーサリー」シリーズとかが有名ですね。自分も昔楽しみました。

ゲームブックの説明です。

03.jpg

主人公の名前が入力できます。

02.jpg

ステータス設定はダイスロールを使用します。

01.jpg

ダイスロール画面です。

06.jpg

メモを取りたい時にメモ画面も設置しました。いつでも開けます。

05.jpg

ゲームシステムやルールなどを記載したヘルプメニューも設置。もちろんいつでも開けます。

04.jpg

何かイベントがあったときの判定です。サイコロを使います。

08.jpg

戦闘シーンです。「ファイティング・ファンタジー」シリーズと同じルールです。もちろん戦闘時の運試しも再現。

09.jpg

レベルと経験値のシステムは「ファイティング・ファンタジー」シリーズにはなかったのですが、取り入れてみました。

07.jpg

魔法のシステムも作りました。このシステム少し独特です。レベルが上がると魔法が使えるわけではないので注意。

アイテムシステムもあり、回復薬などどこのパラグラフにいても使えるアイテムはリンクされているのでクリックしてみてください。戦闘時でも使えます。

よければ下のリンクからプレイしてみてください。
何度もテストプレイしましたが、もしかしたらバグがあるかも。その時は教えて下さいね。
HTMLですのでそのままブラウザでプレイできます。


「ゲームブック - 禁断の魔術書」プレイしてみる

モバイル版「ゲームブック - 禁断の魔術書」


これらは試作として作成しました。
序章のみで総パラグラフ数は80くらいですが、一つのパラグラフに複数の文章を状況によって切り替える部分も多々あって、割と大量のデータになりました。

戦闘システムはどの敵でも共用のパラグラフを使ってます。敵と戦闘する直前に変数に勝ったときのパラグラフ数と逃げる際のパラグラフ数、そして敵の名前やパラメーターも変数として組み込んでから共通する戦闘のパラグラフへ進んでます。そのため戦闘時は555という番号のパラグラフになってます。

お店で物を買えるシステムも入れてます。所持金で買える商品だけを表示するようにしてます。
カジノでダイスを用いたギャンブルもあり、合言葉をキーボードで入力しないと入れない所ありと、考えられるシステムを色々と試したのが今回の目的です。

ゲーム自体は非常に簡単ですんなり行けると思います。万が一死んでしまってもステータスそのままに体力回復して戦闘や1からやり直せるようにしています。
あくまでこんなゲームブックも作れるよという試みです。

3つのエンディングがありそれを全て見ると「おまけモード」が付きます。
そのおまけの中にソフトウェアで開く事の出来るファイルのダウンロードURLがあります。
このゲームのシステムのソースが書いてありますが、自由に引用したり改変したりして使ってもらって結構です。

posted by 文芸遊戯研究会 at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]