2013年09月07日

ZTabとFFFを組み合わせる

ついでなんで前回紹介した続きを書きます。

ゲームブック製作ソフトの「ZTAB Editor(Ze Text Adventure Builder)」(以下ZTABと略します)と、
ステータスやバトルシステムの表示システムである「Fighting Fantasy Framework」(以下FFFと略します)の連携について記事にします。

ZTAB Editor(Ze Text Adventure Builder)
http://sourceforge.net/projects/ztab/

Fighting Fantasy Framework
http://sourceforge.net/projects/fightingfantasy/

上の二つのサイトからそれぞれソフトとファイルをダウンロードしてZTABは起動して、FFFは解凍して展開しておいてください。これについての詳しい説明は省かせていただきますね。分からないことがあれば気軽にコメント下さい。
ちなみにFFFのファイル名は「ffgs_english_1.4」です。

一応日本語に変換した「ffgs_japanese_1.4」も用意しておきました。

ダウンロードする


まずはZTABでゲームブックを作成しましょう。
このブログでZTABの作り方で作成した「ハイジの冒険」を題材にします。

13.jpg

以前製作したときには戦闘シーンを設けていません。よって戦闘シーンを新たに作成します。

ハイジが町へ行った時に敵と戦うという選択肢を設けて戦闘のパラグラフを作成します。パラグラフの作り方などはZTAB Editorの使い方の記事を参照してください。

03.jpg

ハイジがおじちゃんと戦闘するところまで作りました。戦闘するパラグラフの本文欄に

<html> <p> <input type="button" value="戦闘する" onClick="fight('おじちゃん', 8, 10)">  </html>

と入れておいてください。

「戦闘する」というところはボタンに表示されるテキストです。このボタンを押すと敵のパラメータが右のサイドバーへ渡されます。
fight('の後の「おじちゃん」は敵の名前で、その後の8と10は敵の技術点と体力点を示しています。変えるのはそこだけで他の文字は変えないでください。一文字でも違うと動作しません。

その他のステータス変動もボタンで出来ます。valueの項目がボタンのテキストです。

<html> <P><input type="button" value="技術点を1減らす" onClick="change_hero_skill(-1)"> </html>

<html> <P><input type="button" value="運点を2増やす" onClick="change_hero_luck(+2)"> </html>

<html> <P><input type="button" value="アイテムを手に入れる" onClick="add_item('アイテム')"> </html>

その他の変数名です。change_やadd_を付けて利用してください。
hero_skill 技術点
hero_luck 運点
hero_wisdom 知識度
hero_stamina 体力点
hero_gold 所持金
enemy_skill  敵の技術点
enemy_stamina 敵の体力点

しかし本文欄にタグを記載しただけでは適応しません。製作を終えてゲームブックとしてHTMLファイルに出力する際にひと作業必要になります。

04.jpg

まず、ZTABエディタの上の歯車アイコンをクリックしてください。上画像の赤い1番のところです。

10.jpg

「Generation」というウィンドウが表示されました。その下の欄にある「functions.js」をクリックして反転させておきます。画像の赤い2番の所です。
「functions.js」がなければ同じ名前で作成してください。中段左端の緑の十時アイコンをクリックすれば新しいファイルが作成されます。
そして「Edit text file internally」と表示されるアイコンをクリックしてください。画像の赤い3番のところです。

すると「Edit text」という画像のウィンドウが立ち上がりました。

09.jpg

ZTABエディタはそのままにして、FFFやここからダウンロードした「ffgs_english_1.4」(「ffgs_japanese_1.4」)のフォルダ内にある「sidebar」フォルダの中の「fff.js」というファイルをメモ帳などのテキストエディタで開いてみてください。
スクリプトの文字列が表示されますのでその文字をすべて選択してコピーしてください。コントロールキーとAですべて選択し、コントロールキーとCでコピーできます。

コピーした文字列をZTABで開いている「Edit text」のウィンドウに貼付けます。右クリックが効かないようなのでコントロールキーとVを押せば貼付けられます。それもできないよって方は別にテキストファイルを作成しその文字列をそこに貼付けて保存して「Edit text」のウィンドウ左上のインポートボタンをクリックしてその貼付けたファイルを読み込んでください。

08.jpg

画像のようになりました。右下のOKを押して保存します。
その後、「Generation」ウィンドウのHTML Gameの横にチェックを入れ更に横の「Generete」を押しまたその横の「Launch locally」をクリックするとブラウザが立ち上がり作ったゲームブックが立ち上がります。

12.jpg

その時にZTABのアプリケーションが入ったフォルダに製作したゲームブックのタイトルのフォルダが作られます。中にはhtmlの他使用している音源や画像のファイルも入っています。音源や画像を使っていないならありません。

11.jpg

「Generation」ウィンドウの上部にあるフォルダのアイコンをクリックすると先ほど製作したフォルダの中身が表示されます。

「ffgs_english_1.4」(「ffgs_japanese_1.4」)のフォルダ内にある「game」フォルダの中に「ztab」という名前のフォルダを一個作っておいてください。

06.jpg

その「ztab」フォルダの中に先ほどZTABで作成したHTMLや音源や画像のファイルをすべて放り込んでください。

05.jpg

その後はゲームタイトルをindex.htmlへ入れなければなりません。
「ffgs_english_1.4」フォルダならその中の「game」フォルダの中の「index.html」をテキストエディタで開き95行めに

<LI><A HREF="ztab/index.html">ゲームブックのタイトル</A>

を加えてください。
「ffgs_japanese_1.4」には96行目にハイジの冒険が組み込まれているので(ztabフォルダの中は消してください)その文字を自作のゲームブックのタイトルに変えるだけでいいでしょう。

02.jpg

出来上がったら「ffgs_english_1.4」(「ffgs_japanese_1.4」)直下のファイルをまとめてアップロードしてください。それで完成です。

かなり厄介な作業ですが戦闘システムを組むというのはどのゲームブック製作ツールにおいても厄介なものです。一度組み込んでしまえば後は追加するだけですので大変なのは最初だけなんですよね。


プレイした画像です。

01.jpg

実際にプレイできます。

プレイする


ZTAB以外にもTwineで使用できるような噂もあるようですね。まだ試したことがないので何とも言えませんが…
posted by 文芸遊戯研究会 at 20:41| 制作ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする