成長因子育毛剤

2013年11月24日

ゲームブックを教材として利用する

ブログのデザインを変えてみました。
前のデザインだとフォントが小さくて読みづらいと前々から思っていたので、フォントの大きいタイプのデザインに変えました。

特に文字が多いコンテンツですので多少は読みやすくなったかなと思います。


今回はゲームブックをゲームとしてではなく教材として使う方法について考察したいなと考えてます。

ヴィクトリア大学やシンガポール国立大学がゲームブックの製作ツールを提供していた話はご存知でしょうか?

「Quandary」と「HypeDyn」の事です。

これらのツールは元々ゲームブックとしてではなく教育用に作られたものです。

ゲームブックのシステムは行き先リンクとパラグラフを図解するとフローチャートになります。
フローチャートは職場のマニュアルにもよく使われています。
ゲームブックはフローチャートを文章化したものといっても過言ではないでしょう。

読者が選択肢を選べるというのもクイズのようで勉強にもなったりします。

子供が読む絵本なんかにもゲームブックの要素が含まれたものもあります。

自分で物語を構築できるという感覚が子供のやる気を引き立てるようです。

学校なんかで教える勉強内容などをゲームブックにして子供の教育なんかにも使えるかもしれません。

例として6〜7歳の子供を対象に簡単に製作してみました。


----------

【1】

きみはアンパンマンだ。

これからみんながこまっていないかパトロールにでかけるぞ。

パンこうじょうをでたら
「山」

「町」
がありました。

そういえばジャムおじさんは「町」へいきなさいといっていたっけ。
「町」ってどうよむんだっけな?

さてどちらへパトロールに出かけるかな?


「やま」へいく
  1 + 1 = のこたえのばんごうへすすもう。すうじがあおいろだったらせいかいだよ

「まち」へいく
  5 - 2 = のこたえのばんごうへすすもう。すうじがあかいろだったらせいかいだよ



【2】

パトロールにむかったさきは「山」(やま)だった。

ジャムおじさんが「町」といっていたのは(まち)だったんだ。

ざんねん。


【3】

パトロールにむかったさきは「町」(まち)だった。

ジャムおじさんが「町」といっていたのは(まち)だったんだ。

せいかい。


----------

ざっとこんな形で絵本にすれば、子供は楽しみながら勉強もできるでしょう。

ひとつのパラグラフで漢字と算数、そして色の要素を同時に勉強させることもできます。
子供たちに人気のキャラクターを使用すれば、楽しみながら勉強も出来たりします。




あとは職場のマニュアルにゲームブックのシステムを使うやり方です。
例として電話応対のマニュアルとして簡単に製作してみました。


----------

【1】

電話が鳴る。早めに応対する。

「お電話ありがとうございます。
○○商事の△△です。」

客からの電話内容は

注文 2
返品 3
クレーム 4
取り継ぎ 5



【2】

「ご注文ですねありがとうございます。
ではお客様の電話番号をお聞かせください。」

番号をシステムに入力する。
画面を確認しながら間違いがないようにする。

電話番号が登録されている場合 6
電話番号が登録されていない場合 7
お客様の音声が聞き取りづらい場合の対処 8



----------

途中で省略しましたがざっとこんな感じで製作して社員に読ませておけば、いざという時の対処を分かりやすく教育できる形にも繋がります。
フローチャート図で説明するとどうしても文字数に制限がでますが、こういったパラグラフ方式だと文字で表現するので、より多くの情報を伝えられます。

もちろんこういったコンテンツはHTML化してデジタル媒体としてイーサネット上で閲覧するようにもできます。

ゲームブックはゲームだけとは限らないようで工夫すれば色々な分野にも使えそうです。

posted by ゲームブック作成ツール集! at 21:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする