2015年03月04日

電子書籍ゲームブック制作C Sigil編集編1

このC番からは編集ソフトによって記事が違います。
こちらは「Sigil」を使った編集です。「一太郎」に関しては別の記事になります。

それでは「Sigil」を使います。

「Sigil」ですが以下のサイトからダウンロードしてください。

https://github.com/user-none/Sigil/releases

一番上のものが最新バージョンです。2015年3月現在では0.8.4が最新です。
「Sigil-0.8.4-Windows-Setup.exe」がWindows版です。
「Sigil-0.8.4-Windows-x64-Setup.exe」は64ビットのWindows版となります。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックでインストーラーが動作してインストールできます。
インストールや設定に関しては他に詳しく説明されているサイトがございますので割愛します。

「Sigil」を立ち上げます。

12.jpg

このような画像が表示されています。

では早速、生成したファイルをぶっこみましょう。

「ファイル」メニューから「追加」を選ぶと右側にさらなるメニューが表示されます。そこから「既存のファイル」をクリックします。

13.jpg

そうするとファイルを開くためのウィンドウが開かれますので、そこから生成したファイルを選びます。
ただしこの時は単一のファイルでなく生成された全てのファイルを選択する形にします。

やり方としてはキーボードの[ctrl]を押しながら[A]を押すとファイルが全て選択できます。それかドラッグで全てのアイコンを囲ってやるとか、一番最初のファイルを選択して反転させておき、[Shift]キーを押しながら一番最後のファイルをクリックすると全て選択できます。

14.jpg

ちなみに「ファイル」メニューの「開く」やそれのアイコンから表示させたファイルの開くウインドウでは単一のファイルしか選択できないので注意してください。

全て選択したら「開く」をクリックします。

15.jpg

こんな感じに選んだファイルが左側のウインドウにずらりと並びまして、中央には生成した文章が表示されています。
(データを読み込む前からありました「Section0001.xhtml」というファイルが一番上に来ていますがこれは消してもらって構いません。この記事の画像上では途中まで消していないので残っていますが関係ありません。)

選択肢を選ぶと瞬時に行き先のパラグラフへと移動するリンクですが、この時点で全てリンクがされています。いちいち手動で指定しなくてもいいので便利です。

ここから色々と編集していきます。

【基本情報の入力】

まずはメタデータを作ります。メタデータとはその電子書籍のタイトルや著者などのデータです。これを入れておかないとKDPなどで販売できるようにする形にビルドするときにエラーが発生しますので必ず入れておいてください。

16.jpg

「ツール」メニューから「メタデータエディター」を選択してクリックします。

16-1.jpg

タイトルと著者だけ入れてOKしてもらって結構です。それ以外は好みでどうぞ。

【文章の分割】

配布しているテンプレートを使って生成した場合、読み込んだファイルの「0.html」には「はじめに」と「ゲームブックのルール」と「プロローグ」が混在しています。これを別々のファイルに仕分けしてしまいましょう。

左ウィンドウに並ぶファイルの「0.html」をダブルクリックします。すると中央のウインドウの上に「0.html」のタブが追加されその下のウインドウに「0.html」の中の本文が表示されます。

17.jpg

その文章の「はじめに」の文章の最後、次の「ゲームブックのルールの手前の部分ですが、その部分をクリックするとカーソルがそこに現れます。

18.jpg

その状態でメニューバーの「編集」から「カーソル位置で分割」を選んでクリックしてください。

18-1.jpg

「0.html」が「はじめに」の文章だけになり、左のリストを見ると「0.html」の下に「Section0001.html」が追加されています。この「Section0001.html」に残りの「ゲームブックのルール」と「プロローグ」が表示されています。

同じ要領で今度は「ゲームブックのルール」と「プロローグ」を分けてしまいましょう。

19.jpg

このように「0.html」の下に「Section0001.html」「Section0002.html」とファイルが追加されました。それぞれ順に「はじめに」、「ゲームブックのルール」、「プロローグ」の文章となっています。
 さすがに分かりづらいのでファイルの名前を分かりやすいように変更してみましょう。

20.jpg

左のリストから名前を変えたいファイルを選択して右クリックするとメニューが出てくるので、「名前を変更」をクリックします。

20-1.jpg

自分はこのように「hajimeni.html」「rule.html」「Prologue.html」に変更しました。ちなみに日本語をファイル名にすると不具合がでるようなので半角英数字にしたほうが無難です。
このファイル名変更作業は分かりやすいようにするためのもので必須ではありません。わかるし面倒だという方は飛ばしてもらって結構です。どのみち電子書籍化したときにそのファイル名が表示される訳ではないので。

あとは最後のパラグラフの後に「エピローグ」と「あとがき」を添えましょう。

前にも書きましたが「エピローグ」と「あとがき」は「GameBookCompiler」で読み込むファイルには書かずに別途なファイルに打ち込んで用意してください。

一番最後のパラグラフ番号のファイル(ゲームのエンドのパラグラフではなく、リストの一番下のファイル)をクリックして選択します。
サンプルでは「30.html」がそれに当たります。それから右クリックして出たメニューから「空のHTMLファイルを追加」をクリック。

21.jpg

すると新しい空のファイルが追加されますので、それを二回追加します。それぞれ「エピローグ」と「あとがき」、用ですね。それらの文章が必要なければこの作業は不要です。

22.jpg

これも判別しやすいように名前を変更しました。必要ないならばしなくても結構です。

23.jpg

この追加した各ファイルに「エピローグ」と「あとがき」それぞれの文章を打ち込みます。

追加した時点で表示されていると思いますが(なければ追加したファイルをダブルクリック)、中央上のタブの追加したファイル名をクリックして空白の本文欄に「エピローグ」と「あとがき」の文章をそれぞれコピーペーストで流し込みます。

【文章のチェックと編集】

 文章の流し込みと分割が終わったら、各パラグラフの文章やリンクが正常に書かれているかチェックしてください。
「GameBookCompiler」のコンパイル前にチェックしたと思いますが、もう一度誤字脱字がないか一つ一つ読み返してみましょう。意外と見落としはあるものです。

 あと「GameBookCompiler」の制限で使えなかった【】や※の記号を本文で使いたい場合はここの編集で付け加えます。

パラグラフと選択肢のリンクはすでに設置されています。そして「GameBookCompiler」側で「番号を強調する」にチェックを入れた場合、パラグラフ番号や選択肢の番号は太字になっています。選択肢の番号と「〜へ進め」の部分が青色の太字になっているか確認しましょう。なっていない場合は「GameBookCompiler」で読み込む前のテキストで何かしら抜けている可能性があります。

24.jpg

青字の選択肢リンクをクリックすれば行き先のパラグラフ番号のタブが追加され文章が表示されます。色々と試してみて行き先が間違っていないかチェックしてください。
 これらの作業は自分の目で行ってください。読者が目で読んでプレイするものはまず作者が同じように目で読んでプレイしないと検品したことにはなりません。レシピ通りに作ったから大丈夫と味見をせずに出された手料理を客に出すようなものと例えればいいでしようか。

 あとは「GameBookCompiler」で設定していれば選択肢リンクの全てに「〜へ進め」の字が付加されています。
選択肢によっては「〜へ戻れ」というような文章にしたい部分もあるかと思います。その場合はそのまま「Sigil」側で編集してしまいましょう。この時はコードビューで編集したほうがやりやすいです。

25.jpg

編集したい文章を表示した上で「Sigil」の中央上段に「<>」と書かれたマークをクリックするとコードビューが表示されます。わからない人には難しい文字が羅列して混乱してしまいがちですが、これは文章と命令文が混在しているものです。

ここから変えたい選択肢の文を編集します。

2627.jpg

画像では「一へ進め」を編集して「一へ戻れ」にしました。

もちろんコードビューの「<>」の左隣にある本のマークをクリックするとブックビューとなり元の文章だけのビューに戻ります。ブックビューでも文の編集はできますが、その場合リンクの青字が黒字にならないよう注意して編集してください。

あとは太字にしたい文字なども編集できます。「A」の文字か六つ並んだアイコン群が文字装飾アイコンです。

28.jpg

それぞれ左から太字、斜体、下線付き、打ち消し線、下付き文字、上付き文字となっています。反映したい文字をドラッグして反転させ反映したいアイコンをクリックすると変わります。

あとはリンクしていない箇所でリンクしたい場所にリンクを貼ります。サンプルではエピローグがありますのでゲームセットのパラグラフに書いてある「エピローグへ進んでください。」の部分からエピローグへと進むリンクを貼らなければなりません。

29.jpg

文章のエピローグの部分をドラッグして反転させます。

30.jpg

上段のクサリのマークをクリックします。以前の記事で取り上げた「パラグラフにイカリを選択肢にクサリを」のクサリの部分ですね。パラグラフ毎にページが分かれているため今回はイカリは使いません。

31.jpg

「ターゲットを選択」のウィンドウが現れ、各ページの一覧が表示されます。そこからエピローグが書かれている「epilogue.html」を選択してOKを押しますと無事リンクされます。そのまま太字にしましょう。

32.jpg

エピローグのリンクが貼られました。

長くなりすぎましたので今回はここまで。
ちなみに縦書きなどの設定は後です。
posted by 文芸遊戯研究会 at 22:30| ゲームブック創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする