2015年03月08日

Kindle Direct Publishingで出版しよう

ではこの記事では「Kindle Direct Publishing」 (以下KDP)での個人による出版販売の方法を記事にします。
電子書籍のePubファイルを用意してください。

まず一つ断っておきますと、KDPでの出版はバカみたいに簡単です。
ここで詳しい説明するよりも本家のAmazonにアクセスして実際に登録されたほうがいいかもしれません。

とりあえず簡略化ですが方法を記事にしておきます。


まずAmazonのアカウントを所得しておく必要があります。
買い物などからAmazonのアカウントを持っているという方は割といるのではないでしょうか。
アカウントの設定はとても簡単です。所得にはEメールアドレスが必要となります。

http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201118760
上のURLで説明が書かれているのでこれを参考にアカウントを作成してください。

アカウントを作成したら
https://kdp.amazon.co.jp
のURLに飛んでください。ページ右側からもう一度サインインすることとなります。

KDPのアカウントページに飛びます。

1.jpg

右上に「アカウント情報が不完全です」という表示がでますのでその枠の「今すぐ更新」をクリックして必要事項を登録してしまいましょう。

ページが変わったらまず一番上の個人情報から入れていきましょう。

2.jpg

ここは特に説明する必要はありませんね。自分の氏名や住所などを入力します。


下にスクロールすると「税に関する情報」という枠があります。

3.jpg

ここでは出版販売における税に関する登録を行います。
Amazonはアメリカでのサービスですから、Amazonで売られる出版物にはアメリカの税金が徴収される形になります。
そこから今度は日本の税金もかかるわけですから二重に取られるわけです。

ですが、日米の租税条約で片方の国で税金を支払っている場合はもう片方での税金は免除されます。
そういった免除の手続きをここで設定します。しなければなります二重課税で売り上げを上げても儲けにならないでしょう。

以前は「IRSフォームSS-4」と呼ばれるPDFをダウンロードして必要事項を記入の上、「IRS」(アメリカ合衆国内国歳入庁)にFAXで送って「EIN」という雇用者番号を申請していましたが、今はAmazonのこのフォーム上で「IRSフォームW-8」の電子署名が行えるようです。

日本語で質問形式で行われるためそんなに難しくないでしょう。

4.jpg

続いてロイヤリティの支払いです。
銀行口座だけ入力してあとはいじる必要はないでしょう。

保存を押せばアカウントの設定は完了です。

上の「本棚」に戻ります。

5.jpg

「タイトルの作成を開始」をクリック。

6.jpg

このような画面になりました。
KDPセレクトはロイヤリティが70%になる代わりに当該のコンテンツは他に公開できないという制約があります。
ここは個人で決めてください。

こちらのブログではコンテンツを記事にして、iBooksなどのサービスでも公開方法を記述する予定があり、当該のコンテンツを利用するためKDPセレクトには登録しません。

以下にゲームブックのタイトルとよみがな、サブタイトルなど色々な情報を書き込んでいきます。
わからなければ「(詳細)」というリンクにカーソルを合わせれば説明がポップアップ表示されます。
(オプション)と書かれている項目は書いても書かなくても結構です。

とりわけ詳しく説明するほどもないでしょう。日本語で詳細も書いてあります。

恐ろしいほど簡単です。

最後は表紙画像をアップロードして肝心の電子書籍のファイルをアップロードします。

7.jpg

8.jpg

9.jpg

電子書籍のファイルはそのまま作成したePubファイルをアップロードできます。あえて「mobi」ファイルにする必要もありません。

前回記事にした方法で電子書籍ゲームブックを作成すればエラーなく読み込みが完了して登録できます。


10.jpg

ファイルアップロードが完了すればプレビューができます。


全て確認したら一番下の「保存して続行」をクリック


次のページの「8. 出版地域を確認してください」は「全世界での権利」で十分かと思います。


「9. 価格およびロイヤリティを設定」で価格を決めます。

11.jpg

ここではロイヤリティは35%にして一番安い0.99ドルに設定しました。一番上の「Amazon.com」で価格を書き込んで、「Amazon.co.jp」以外には「US価格に基づいて自動的に価格を設定」のチェックを入れときます。

ただこのコンテンツは日本向けなので海外で買われる人はまずいないでしょう。
そこで日本のAmazonである「Amazon.co.jp」で販売する日本円を入力します。

12.jpg


「Amazon.co.jp」のみ「US価格に基づいて自動的に価格を設定」のチェックを外し、日本円で最安の99円で設定します。

この辺の価格設定は個人で自由に決めて構いません。

全て終わったら「保存して出版」をクリックします。

13.jpg

いよいよ出版です。すぐというわけには行かず48時間くらいで反映されます。

14.jpg

本棚に作品が反映され、「レビュー中」と書かれてます。KDP側で検閲が終わればそのまま販売されます。

001.jpg

…で、二時間くらいで早速販売されました。
電子書籍の制作時間は文章、画像、編集、変換全てひっくるめてトータルで3〜4時間くらいでしょうか。
あっという間の出版販売です。

KDPでの登録やアップロードは恐ろしいほどに簡単です。

電子書籍の出版販売というととても難しい問題のように感じてしまいますが、笑っちゃうぐらい簡単です。子供でも軽くできちゃうレベルです。

おそらく慣れれば5分くらいで出版登録できると思います。登録料もかかりません。維持費もありません。


ちなみにアップロードした試作品はこちらのブログで無料で閲覧できる代物なのと、商品として売れるレベルにない作品ですので、くれぐれも買わないようお願いします。

 自分の作品買うなというのも奇特な話ですけどね。



これでKDPへの出版方法は終わりです。
posted by 文芸遊戯研究会 at 17:58| ゲームブック創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする