2015年03月15日

電子書籍ゲームブック制作C 一太郎編集編1

このC番からは編集ソフトによって記事が違います。
こちらは「一太郎」を使った編集です。「Sigil」に関しては別の記事になります。


「一太郎」は有料のワープロソフトです。

MS-DOSの頃からありました。昔にWordに押されてあまり目立たなくなってきましたが今になってかなり多機能になってきました。

「一太郎」では電子書籍のePub3の最新規格に対応しています。縦書きはもちろんのこと設定すればページ送りが巻物のようにスクロールするように読めるとのこと。

 ePub以外にもPDF形式にも対応しています。もちろんPDFでもリンクが保持されて出力されています。Acrobatでも不可能でしたPDFの縦書きもなんのその。

とにかく便利なツールの一つですね。

この「一太郎」を用いたゲームブック制作では、ePub3形式とPDF形式の両方の出力で作れるよう記事にいたします。
ePub3とPDFでは作成方法に若干違いがあります。それも含めて記事にしたいと考えています。

 尚、一太郎は多機能なソフトウェアのため莫大な機能のメニューが存在します。全ての機能を一つ一つ説明すると膨大なデータ量となってしまうため、あくまで使う機能のみに絞って説明いたします。

あと、はじめにお断りしますがここは「一太郎」そのものを説明するサイトではないので、ゲームブック以外のコンテンツを一太郎で生成する記事および質問は行っておりません。ご了承のほどお願いします。



では「GameBookCompiler」で作成したファイルを「一太郎」で読み込みます。

「GameBookCompiler」では「HTML複数」で複数のHTMLを生成していましたが、「一太郎」では複数のファイルを読み込みできません。そこで「GameBookCompiler」で「HTML単一」でファイルを生成します。

「HTML複数」では複数のHTMLが入ったフォルダが出力されましたが、「HTML単一」では一つのHTMLファイルがそのまま生成されます。

「Sigil」のときのように作成されたファイルの文字コードの変更はしなくて結構です。

1.jpg

では読み込みましょう。
「ファイル」メニューの「開く」をクリック。

2.jpg

「GameBookCompiler」で生成されたHTMLファイルを選択します。
ウィンドウ下部の「ファイルの種類」で「HTMLファイル」を選択するとHTMLファイルが表示されて選べるようになります。

3.jpg

内部が表示されました。
選択肢とパラグラフのリンクはこの時点でもう配置済みです。いちいち手で指定する必要はありません。


では、別ファイルで保存していた「エピローグ」と「あとがき」のテキストも最後に加えてしまいましょう。

4.jpg

文の一番最後(一番最後のパラグラフの下)にカーソルを置き
「編集」メニューの「ファイルから貼り付け」をクリック。

5.jpg

現れたウィンドウの今度は「ファイルの種類」で「文章ファイル」を選択するとテキストファイルが選べます。
「エピローグ」や「あとがき」がテキスト入力されたファイルを選びます。

これで文章は揃いました。


【改ページ】

後は読みやすいようにパラグラフ毎にページを区分けしましょう。

7.jpg

ページを分けたい箇所にカーソルを置きます。
画像では「はじめに」の最後と次の「ゲームブックのルール」にカーソルを置いています。
この時カーソルは「ゲームブックのルール」という文字の左に置きます。

8.jpg

ウィンドウ右端にある「基本編集ツールパレット」の一覧に「調整」というパレットがあります。「調整」という文字をクリックすれば内容がドロップダウンで見られると思います。それを開いて下の「行間」の列の左から四番目の「P」という字のアイコンをクリックします。このアイコンが「改ページ」です。

9.jpg

改ページされました。
少々面倒ですが各パラグラフをページで分割してしまいましょう。
パラグラフの場合はパラグラフ番号の行の一行上の左端、四角で囲ってあるリターンマークの手前で改ページしましょう。

10.jpg

というのもパラグラフ番号の書かれた行の一つ手前の行にリンク情報があるようなのです。
「一太郎」の弱点なのですが、一太郎はコードそのものがみれないので視覚で判断するしかありません。

11.jpg

こんな感じで改ページされます。


ついでに文章の見直しや「GameBookCompiler」の影響で使えなかった【】や※などの文字も入れたりしてみましょう。

あと「GameBookCompiler」で出力したファイルの文中の選択肢リンクには全て「…へ進め」という文字が付与されています。

これを「…へ戻れ」といった文字に変換したい場合は、変換したい選択肢リンク(**へ進めの文字部分)にカーソルを合わせて右クリックし、出たメニューから「文字列の編集」をクリックすることでリンクテキストの編集が行えます。

37.jpg

自動的に行いたい場合はパラグラフ番号を一番大きい見出しにすると電子書籍化した時に自動的に改ページされますが、パラグラフ番号の一行前にブックマークがあるためリンク先とパラグラフ番号にズレが生じます。ま、その一行前の空白に見出しを付ければいいだけなのですが…(その場合もどのみちパラグラフ番号一つ一つに見出しを付ける作業をしなければならないので作業の手間は同じです。)

 また数珠繋ぎの文章で良いなら改ページの必要はありません。

あとは「エピローグ」や「あとがき」なども改ページしましょう。


【見出し設定】

改ページが終わったら見出しを付けてみましょう。
この見出しは目次の生成する際に必要となります。

サンプルでは「はじめに」「ゲームブックのルール」「本編」「エピローグ」「あとがき」に見出しを付けたいと思います。

「はじめに」というタイトルが書かれた行のどこでもいいのでカーソルを合わせて下さい。
注意点として「はじめに」の後に一太郎側で改行を入れておいてください。読み込み時に元からある改行では一太郎が改行を読み込まず文章全てを見出しとして認識してしまうようです。一太郎で入れた改行は四角で囲まれたリターンマークで表示されます。

12.jpg

右のパレットの「段落スタイル」から「大見出し」をクリックします。

13.jpg

左の目次ウィンドウに指定の箇所が登録されました。

14.jpg

目次は6段階に区分けすることができます。大見出しを設定すれば「目次1」の段階に登録されます。これを変えたい場合は「文章編集」パレットの「目次」のアイコンをクリックして「目次行設定」から選んで設定できます。

32.jpg

例えば「エピローグ」など大見出しにした場合で目次にエピローグを表示させたくない場合などは「エピローグ」のみを「目次2」に設定して目次を生成する際に「目次2」のチェックを外せば目次に加わらない形となります。(詳しくは目次の欄で)

ついでに文字のスタイルも大きい文字に変えましょう。
大見出しを付けた行を選択した状態で、「段落スタイル」パレットの「スタイル変更」をクリック

13.jpg

このウィンドウで字のスタイルなどを登録します。

15.jpg

サンプルの指定では
和文フォントとかなフォントに「メイリオ」の「ボールド(太字)」
欧文フォントは「和文フォント」
文字サイズにチェックを入れて「15.0P」に設定しました。

16.jpg

ここは各個人の好みで設定してください。
ただし文字の回転や網掛けなどの装飾など大胆な装飾などは電子書籍の場合、反映されない部分もあります。
過度な装飾は控えてください。

設定が終わったら「OK」をクリック。

17.jpg

「はじめに」の文字が大きな太字になりました。

この要領で他の項目も登録しちゃいましょう。一度文字スタイルを設定しまえば、あとは「大見出し」をクリックするだけで自動的に文字スタイルが切り替わります。一つ一つ設定する必要はありません。


【リンク】

次にリンクを仕込みます。

リンク抜けがあったりリンクを新たに付け加えたい場合などあると思います。
サンプルではゲームセットのエピローグへ進めから「エピローグ」のページに移動するリンクを設定したいと思います。

18.jpg

「エピローグ」ページのタイトル文の手前側にカーソルを置きます。

19.jpg

左ウィンドウのブックマークタブをクリックするとその下のウィンドウにブックマーク一覧が表示されます。ようするにパラグラフ番号の一覧ですね。

その下にしおりのマークに+の文字が付けられたアイコンがあると思います。カーソルを合わせれば「ブックマークを追加」という文字が出てきます。それをクリック。

20.jpg

ブックマークの一覧に「エピローグ」が追加されました。


次は「エピローグ」へ飛ぶリンク元を設定します。

21.jpg

リンク元のリンクしたい文字列をドラッグで選択します。

22.jpg

その後、右のパレットメニューから「文書編集」のパレットを開き、鎖のマークの「リンク」をクリック。
「ブックマーク」と書かれた白枠の右隣の「一覧」をクリック。下のチェックは関係ないので無視してください。

23.jpg

リンク先の一覧(各パラグラフ番号)が表示されるので先ほど追加した「エピローグ」を選択してOKします。

24.jpg

あとはパレットの下にある「挿入」をクリックすれば出来上がりです。

25.jpg

ついでに「フォント・飾り」のパレットで太字にしましょう。

26.jpg

リンクが挿入されました。文字をクリックすれば該当のページへとジャンプします。

記事が長くなったのでまた次の記事へ。
posted by 文芸遊戯研究会 at 14:17| ゲームブック創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする