2015年11月15日

デジタルとアナログ

今回の記事はただのコラムですので、あまり大したことは書いてません。暇つぶしにどうぞ。

ゲームブックの作成においてアナログしかなかった時代より、デジタルツールが豊富にある現代での作成のほうがかなり合理的になったというような話を前回のエントリーで記事にしました。

 ただゲームブックを作る側ではない読む側にとって、デジタルというのは必ずしも利便性に富んだだけのものでもないようです。


 私の親父なんですが、かなり昔からピュアオーディオマニアでして、その趣味を自分も継承したりしています。
経営から退いた数年前から親父がCDからレコード主体にクラシックを聴くようになり、私も親父のシステムでレコードを真空管アンプと木のスピーカーで聴く機会がありましたが、CDなどのデジタルとはまたひと味もふた味も違った味わいのある音で驚かされました。

 確かにCDはレコードよりも高音質という触れ込みで発展しました。
次の曲や前の曲への移動もいちいち針を持ち上げて予想した場所へと落とすレコードに比べて、CDはボタンひとつで移動できます。
何回も聞いていると針と盤の摩擦で音が劣化するアナログ盤に比べてCDはそれがありません。

 何もかもがレコードの不便を解消したCDは当時画期的で、瞬く間に普及しました。

 ですが、あれから30年近く経て改めてアナログ盤を聴いてみると、針を落とす行動も儀式みたいで新鮮味ありますし、何度も聞いていると音が劣化してしまうため、ひとつ聴くのに真剣になってしまったり、そしてあの温かみのある音はデジタルでは絶対表現できない領域ですね。

 そういうことから、アナログとデジタルでどちらが優位かなんて議論は個人的にはあまり興味がなかったりします。


時計もデジタルが普及した頃にアナログはなくなるのではという懸念がありましたが、実際全体の時間を計算したりするのは右脳の情報を経由できるアナログ時計に軍配があがりますし、アナログ、デジタルでどちらかが絶対的に優位ということはないと思います。


 ゲームブックも同じです。
確かに電子書籍になって利便性は格段に上がったと思います。
普段電話やメール、ネットをしている端末上で読める上、何冊持ち歩いていようがかさばらない、紙の日焼けや読むことでページに手の汚れが付く紙と違って劣化がない。そしてパラグラフを瞬時に移動できるリンクが設定されていること(リンクが付いていればの話ですが…)。

 紙の書籍に比べると格段と使いやすくなりましたが、逆に味わいみたいな感覚はなくなりました。
タッチすればリンク先に即移動できるのは確かに便利です。ですが、その中間の儀式が省略されたようになって味気がなくなっているような感も受けます。
 紙の書籍ではページを指でめくって任意の数字を探したりしますが、デジタルでは画面が速攻で切り替わるだけです。

 具材を切って炒めて煮込んで作るカレーとインスタントカレーのパックを茹でて作るカレーと、言ってしまえば極端なはなしですが、ある意味そういう面倒臭さやフラストレーションが逆に味を引き立てる部分もあるのかなと最近は思うようになってきました。

 そういう感覚を持っている人は割といるようすが、デジタルはデジタルで先ほど述べた利便性にすぐれていますし、決してデジタルだからゲームブックとは言えないとか、そういう極論はナンセンスかなと思います。


 CDが出はじめたときもアナログ盤主義者が、音楽はレコードで聴いてこそ音楽だ。CDなんてもので聴くのは「音楽」なんかではない。あれは「楽音」だなんて言い出しそうなほど凝り固まった人もいましたが、そこまで強迫観念にとらわれても何も産みだせないでしょう。

 デジタルにはデジタルの良さがあり、アナログにはアナログならではの味わいがあります。
どちらかに優劣をつけて自分に言い訳がましく説得したところで、自分の収入が上がるわけでも、世界が平和になるわけでもありません。だったら「プロセス」にはこだわらず、「結果」を楽しんだ方が有意義な生活を送れるのではないかと考えてます。

 自分が計画して執筆している長編もエキセントリックなシステム上、デジタルの配信だと恐ろしいほどやりづらくなるため、自費出版でもしようかなと考えてます。ま、その前に別の分野の計画を進めているのでいつになるかはわかりませんが。


 デジタルにふさわしいコンテンツなら、デジタルで出せばいいですし、
 アナログにふさわしいコンテンツなら、アナログで出せばいいです。


現代になってそのどちらかへの選択肢が増えたというだけなので、フレキシブルにそれぞれ選びたい方を各個人で選べばいいだけなのです。

どちらかが廃れるわけでもなければ
どちらかを廃れさせないといけないというルールも法律もないのです。
posted by 文芸遊戯研究会 at 19:05| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする