2015年11月23日

ゲームブック作成ノススメ

ゲームブックのブームの時期は、私が小学生の頃でした。
当時の子供向けのさまざまなゲームブックを持ってきて貸し借りして楽しむというものもあったのですが、
一番盛り上がったのが各自がそれぞれノートなどに書き記した、自作のゲームブックを持ち寄ってお互いの作ったゲームブックをそれぞれ見せあったりしたことですね。

 読むことも楽しかったのですが、やはり作る楽しみもゲームブックにはあったと思います。
小説と違いゲームブックはゲーム性があり、尚且つノートと筆記用具さえあれば作れます。当時の子供たちにとってゲーム性を持たしたコンテンツを手軽に作れるということは、とても魅力的だったのですね。コンピュータゲームなんか機材とプログラミング能力を要さないと作れませんし…

 私のみならず、1970年代中期生まれの他の方も小学生時代に自分で作ったとか、誰かが作ってきたとかいう経験はあったのではないでしょうか。

 こういった環境は今現在でも同じです。スキルとツールを要さないと作成できないプログラムのゲームと違い、ノートと筆記用具で作れる手軽なゲーム要素を含んだコンテンツ…それがゲームブックです。

 ましてや、現代になってパソコンが普及して作成を手助けするツールが出てきまして面倒だった作業も簡略化されつつあり、ネットのインフラが整ったこともあり作成したゲームブックを瞬時に世界に向けて発信する環境にも恵まれました。

 読む楽しみもありますが、作る楽しみもあるのがゲームブックです。決して完璧に作るという必要性もないと思います。私もこのブログでの活動は一つの趣味としてのスタンスとして気軽にやることで割り切ってますので、コンテストなどに応募したり、オフ会やイベントに参加するということはせずに、あくまでネットだけの活動に限定してます。簡単な話、ゲームブックを作るのに全員が全員、気難しく本気にならないといけないなんて事はなくてもいいとおもいます。

 プロを目指しているという人は別として、趣味の範囲内でゲームブック作成のカテゴリーもあってもいいのではというのが自分の考え方です。気軽に使える投稿サイトも続々と出てきてますしね。

 下手でもつまらなくてもいいのです。作るということそのものを楽しむのもゲームブックの魅力だと考えてます。とにかく作り続けてれば腕は自然と上がっていきます。キャッチボールも見ているだけでは腕は向上しないのとおなじで、文芸なども読むなどの受動的なものに加えて、実際に作成し続けることで腕を上げていくのです。

 特にバックオフィス業など的確に職をこなしても当たり前だと評価されずに、ミスを犯すと非難をされるタイプの職に就いている方こそ、こういった創作家としての趣味を持つと生きがいにつながると思います。

 簡単な作業は自分がやらなければ他の誰かが代わりにやってくれるだろうとか、あなたでも誰でもできるから誰でもいいということになりますが、創作というのはそういう理念は通用しないカテゴリーでもあります。

 あなたのゲームブックはあなたでしか作れません。

創作というのは個性の大集成でもあります。よって二つと同じものが別々の個性から作られることはありません。
 ですから、文戯研のゲームブックは文戯研でしか作れないのと同時に、あなたのゲームブックはあなたにしか作れないのです。

 あなたが作らなかったら他の誰かがそれを作るということもありません。

 そして、あなたが作り上げたゲームブックが外的な変化をもたらすことだって充分にあるのです。
あなたの作品に感化された他のゲームブックの作家の作風を変えていったり、また読者のゲームブックへの意識を変えることだってあるでしょう。
 大げさに言えばあなたの作品がゲームブック業界の作品類のスタンスを変える役割を持つ可能性だって否定できないのです。
 作らなければそういった可能性もゼロです。

 どのような分野でもそうやって互いの技術の向上を図って現代に至ってます。

あなたが作ることによって、それに影響される人は必ず存在します。そういう風にして技術というのは進化しつつあります。作る人間がバージョンアップしなければ作られる作品もバージョンアップしません。そのためのきっかけの一つがそういった切磋琢磨とした環境にあります。あなたの作品が他の作家を刺激してバージョンアップさせるきっかけになることだってあり得るのです。

 論理を売る評論家は論理が論破され破綻してしまえばそこで全てを失います。ですが、作家というのは何かミスをしてもリカバリーが利きます。作家というのはそれほど深く考えずに楽しむ感覚で取り組むスタンスでもいいと思います。

 ということで、ゲームブック作り、楽しんでみませんか?
posted by 文芸遊戯研究会 at 17:08| コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする