2016年02月05日

「ふたご島からの脱出」をクリア

脱出ゲームブック第二弾の「ふたご島からの脱出」をクリアしました。

02.jpg

第一弾の「人狼村からの脱出」に比べると謎解きが少なく簡単でした。公式にもヒントの特設ページもなかったのでしたが、特にヒントを必要とする問題もあまりなく(それでも考えるのに時間のかかった問題はありましたが)普通に進められました。

 この手の脱出ゲームブックがワクワクするのは付録の多さもあるかもしれません。自分が子供のころ学研の学習と科学という付録付きの雑誌が流行ってまして、とにかく本にたくさんの付録が挟んであって開くときにワクワクするんですよね。あの時の感覚に近い期待感があります。あ、冒険が始まるんだっていう期待感。

 コンビニなどで売られ出して流行っている付録付きの雑誌もそういうワクワク感を狙っているのかもしれません。これからゲームブックも付録で売るような時代になるのかも。。。

 この本は二冊セットで交互に進めます。2冊セットのゲームブックって他にもありましたよね。
ザッピングという複数の人物がそれぞれ影響しあいながら物語のフラグを立てていくシステムですが、ゲームブックと意外に相性がいいものですね。
推理などもゲームブックと相性がいいですから、推理のザッピングなんてゲームブックが出れば面白そうです。

 ですが、今回のふたご島は少々作業ゲームな部分が強かったように思います。
本を切り替えて読むという動作はいいのですが、マップを広げてそこに行き先のパラグラフを記入し、さらにでかいアドベンチャーシートを広げてそれを裏表めくり変えながらフラグを書いていきます。マップというのも進めば進むほど何枚も広げなければならず、どんなに大きなテーブルでも紙で占有されてしまいます。

 物語もフラグ立てがほとんどで前回のような凝った謎解きが少なかったのも相まって、ちょっと物足りなかったかなと言う印象。
でも、こういう風に実験的なものを投入していく姿勢というのは個人的に好きです。

 ザッピングのシステムはなかなか良かったです。
ゲームブックを作成するにあたりザッピングを使うなら、複数の作家さんで同じ世界を別々のゲームブックで表現してお互いが絡み合うゲームブックなんてものを作ってみるのも良さそうですね。

 もし脱出ゲームブックでわからない問題があってヒントが欲しい場合はコメントくれれば答えます。とはいえ今現在二作品目までで三作品目はこれからですのでやってないゲームブックに関しては答えられません。


 あと、twitterでも告知いたしましたが、このブログを今年3月いっぱいで終了することとなりました。
そのうち詳細を記事にしますが、いわゆる「ゲームブックからの脱出」となります。
なぜ3月いっぱいというと脱出ゲームブックのレビューはしておこうと思ったからです。まだ2作品ありますし、第五弾の続編が来週に出るのでそれも合わせて3月いっぱいまでにレビュー書こうかなと。あと短い間ですがひとり楽しくやろうかなと思っています。
posted by 文芸遊戯研究会 at 18:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする