2016年02月06日

ゲームブックの持ち運び

脱出ゲームブックの第三弾「十人の憂鬱な容疑者」を始めました。
二弾までは家の中限定でプレイしましたが今回から、
家のリビングや職場、そして出張時の車の中やホテルなど様々な場所でプレイしたいなと思ったので持ち運びできるようにしました。

003b.jpg

まずアドベンチャーシートやマップなどの付録紙はクリップファイルボードに挟んでテーブルなしでもそのまま書けるようにしました。
使用したのはセキセイのFB-2015でA5サイズの二つ折りのものです。
http://www.sedia.co.jp/syouhin_system/?h=FB-2016.html

二つ折りを開くとそのままA4サイズの紙が横に広げられ下敷きとして使えるので楽です。二つ折りのカバーの方の裏側には書類を挟める内ポケットが付いているので使わない分の付録紙はここに保管しておきます。


そして持ち歩くときは本とそのクリップファイルボードをバンドでまとめます。

003a.jpg

使用しているバンドはPILOTのPBB-07。
http://www.pilot.co.jp/products/stationary/personal/cat/band/

バンドで固定しておけばバッグなどに入れた時も無造作に本が開いたりして紙を痛めたりしません。そして本よりもクリップファイルボードのほうが大きいためバンドを締め付ける強さが強くても本が不自然に撓んだりしないようにしています。

バンドにはペン差しが付いているので4色型のフリクションボールペンを一本差しています。
何度も消して書き直す部類のゲームブックの冒険記録紙にはフリクションボールペンは相性がいいと思います。フリクションボールペンとは最近出始めた消せるボールペンのことです。
http://www.pilot.co.jp/products/pen/frixion/

昔にゲームブックをプレイしてアドベンチャーシートを記入していた時期はそんな技術の文房具など開発されてなく、専ら鉛筆と消しゴムでした。何度も書いたり消したりしていくと紙が痛んで最悪の場合破れてしまうのですが、フリクションボールペンだと消す際に消しゴムに比べそれほど紙のダメージはないようです。(全くないとは言えませんが)
 そして消しゴムのように削りカスが出ないのも便利です。これが一本あればあとはいらないと思います。

 このゲームブックでは使わないですが、もしサイコロが必要なゲームブックをプレイする場合のダイスロールはスマホで代用することにします。

クリップファイルボードはB6あたりでも使えそうな感じはしますが、そのサイズだと二つ折りのものはあまりないようです。二つ折りでないとアドベンチャーシートがむき出しですので持ち運び時に紙を痛めるかもしれません。ので二つ折りのタイプの方がいいかと思います。
posted by 文芸遊戯研究会 at 22:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]