2016年03月28日

Next Stageへ進め

ブログアクセスありがとうございます。

なんか「ゲームブック」関連で検索してくる人が少ないと書いた頃からゲームブック関連の用語でたくさんアクセスしてくれた人が一人いたみたいで、なんか余計な手間を取らせてしまい申し訳ない気持ちでいっぱいです。
そして、水面下でフォローしてくれた方達に感謝いたします。

ということで、4月以降も継続する方向で固まりました。
とはいえ、書くネタも未だ用意できていませんので、とりあえず何か記事にできることがあれば記事にする感じで行きたいなと思います。


 このブログ全般にも言えることですが、自分が考えている、あるいは知っているから相手も考えるだろうとか知っているはずだと判断しての文章になってしまいがちなのかもしれません。エッセイを出版されている「ちきりん」さんという方は、この手の読み手の多様性に柔軟に対応した文章を書かれていましたが、私もその点は勉強すべき点でした。
ただ、私としては幅を広げてできる限り大勢の方に読んでいただく文章を投ずるというスタンスは今年度末で終了して、今度から文章を読み取れる方に向けた読みたい人だけ読んでくださいというスタンスに変えようかなと思います。

今年に入ってから、「ゲームブック」というよりも思考法や自己啓発などのカラーが強くなってきました。アクセスされる検索ワードもその手のワードが「ゲームブック」よりも圧倒的に上です。
幼少時代の頃の自分と違い、社会人となった今の自分はビジネスを主体に考えるようになった傾向が現れたのかもしれません。

そういったことも考慮して「ゲームブック」という枠にとらわれずに文芸遊戯研究会らしさを追求したコンテンツ作りに挑戦していきたいという意味を込めて「ゲームブックからの脱出」という表現をさせていただきました。

 ということで文芸遊戯研究会の「ゲームブック作成」は今年度末で終了です。

 「ゲームブック」という媒体に関しては、FT書房さんやGamebook.xyzさんや運営されている代々木先生、そしてそれらに投稿されている将来性のある作家さんたち、さらには新たに発足された幻想迷宮書店さんやそれに提供されている先生などの頑張りで知名度が徐々に上がってきています。私としても何かしら助力になればと思いましたがいかんせん無能なもので何も結果を残せませんでした。というよりも私がいてもいなくても彼らはきっとやってくれると信じています。

 文芸遊戯研究会といたしましては今回の失敗を糧に新たなネクストステージへと向かうことにいたしました。「ゲームブックからの脱出」というコンセプト名の通り、「ゲームブック」に関心を持つ方からは少々違った方向へ向かうかもしれません。特に大げさに活動することは予定していないので、少ない人たちにささやかな新しいものを提供できればいいなというマイペースな方向でいきたいと考えてます。

 なので、このブログには「ゲームブック作成」という枠を廃したライトタッチなコラムやエッセイを記事にして、新たに活動するサイトを構築したいかと思っています。ですが、若干本業の方が忙しくなってきてますので、すぐに構築は無理でして、しばらくは代用のサイトを用意する形で対応させていただきます。その際はここで告知することを約束します。

 文芸遊戯研究会がビジョンを向けるネクストステージに興味を持ち賛同される方はこれからもどうぞ宜しくお願い致します。
posted by 文芸遊戯研究会 at 18:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする