2013年11月24日

ゲームブックを教材として利用する

ブログのデザインを変えてみました。
前のデザインだとフォントが小さくて読みづらいと前々から思っていたので、フォントの大きいタイプのデザインに変えました。

特に文字が多いコンテンツですので多少は読みやすくなったかなと思います。


今回はゲームブックをゲームとしてではなく教材として使う方法について考察したいなと考えてます。

ヴィクトリア大学やシンガポール国立大学がゲームブックの製作ツールを提供していた話はご存知でしょうか?

「Quandary」と「HypeDyn」の事です。

これらのツールは元々ゲームブックとしてではなく教育用に作られたものです。

ゲームブックのシステムは行き先リンクとパラグラフを図解するとフローチャートになります。
フローチャートは職場のマニュアルにもよく使われています。
ゲームブックはフローチャートを文章化したものといっても過言ではないでしょう。

読者が選択肢を選べるというのもクイズのようで勉強にもなったりします。

子供が読む絵本なんかにもゲームブックの要素が含まれたものもあります。

自分で物語を構築できるという感覚が子供のやる気を引き立てるようです。

学校なんかで教える勉強内容などをゲームブックにして子供の教育なんかにも使えるかもしれません。

例として6〜7歳の子供を対象に簡単に製作してみました。


----------

【1】

きみはアンパンマンだ。

これからみんながこまっていないかパトロールにでかけるぞ。

パンこうじょうをでたら
「山」

「町」
がありました。

そういえばジャムおじさんは「町」へいきなさいといっていたっけ。
「町」ってどうよむんだっけな?

さてどちらへパトロールに出かけるかな?


「やま」へいく
  1 + 1 = のこたえのばんごうへすすもう。すうじがあおいろだったらせいかいだよ

「まち」へいく
  5 - 2 = のこたえのばんごうへすすもう。すうじがあかいろだったらせいかいだよ



【2】

パトロールにむかったさきは「山」(やま)だった。

ジャムおじさんが「町」といっていたのは(まち)だったんだ。

ざんねん。


【3】

パトロールにむかったさきは「町」(まち)だった。

ジャムおじさんが「町」といっていたのは(まち)だったんだ。

せいかい。


----------

ざっとこんな形で絵本にすれば、子供は楽しみながら勉強もできるでしょう。

ひとつのパラグラフで漢字と算数、そして色の要素を同時に勉強させることもできます。
子供たちに人気のキャラクターを使用すれば、楽しみながら勉強も出来たりします。




あとは職場のマニュアルにゲームブックのシステムを使うやり方です。
例として電話応対のマニュアルとして簡単に製作してみました。


----------

【1】

電話が鳴る。早めに応対する。

「お電話ありがとうございます。
○○商事の△△です。」

客からの電話内容は

注文 2
返品 3
クレーム 4
取り継ぎ 5



【2】

「ご注文ですねありがとうございます。
ではお客様の電話番号をお聞かせください。」

番号をシステムに入力する。
画面を確認しながら間違いがないようにする。

電話番号が登録されている場合 6
電話番号が登録されていない場合 7
お客様の音声が聞き取りづらい場合の対処 8



----------

途中で省略しましたがざっとこんな感じで製作して社員に読ませておけば、いざという時の対処を分かりやすく教育できる形にも繋がります。
フローチャート図で説明するとどうしても文字数に制限がでますが、こういったパラグラフ方式だと文字で表現するので、より多くの情報を伝えられます。

もちろんこういったコンテンツはHTML化してデジタル媒体としてイーサネット上で閲覧するようにもできます。

ゲームブックはゲームだけとは限らないようで工夫すれば色々な分野にも使えそうです。

posted by ゲームブック作成ツール集! at 21:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

アップデート情報と近況

以前紹介した「AXMA Story Maker」ですがバージョンが2.1となり、フリー版に加えてプロ版も配布されました。フリー版に加えてプロ版も配布が始まりました。フリー版プロ版共に電子書籍のePub形式に出力可能となり、プロ版ではプレイ時のボタンを有効にしたり無効にしたり、あとフッターに表示されるライセンスの非表示やテキストのコピー防止機能が付きます。プロ版は29ユーロになります。
一応、紹介のページにも追記として記載しておきました。

あと「The GameBook Authoring Tool」ですが、バージョンが1.5になり、フリー版プロ版共にHTML出力が可能となりました。HTMLは数珠つなぎ形式の簡易的なゲームブックとなります。あとフローチャートのパラグラフを示すオブジェクトが丸いものから四角いものに変わりました。これでフローチャートの表示範囲が狭まったようです。
この情報も紹介のページにも追記として記載しておきました。

「ZTAB Editor」も2013-0-5-0へとバージョンアップしています。こちらはAVHファイルが読めるようになった模様です。おそらく「ADVELH」で作成したファイルだと思いますが、「ADVELH」自体、日本語環境では難があるソフトウェアみたいなので使い方は記事にしていません。あとはバグに対処したとのこと。
こちらはあまり有用ではないと思いましたので追記していません。


一応一通りのソフトウェアの基本的な事は紹介したとは思います。
「Twine」も世界で最もメジャーなゲームブック作成ツールですので、時間があれば使い方を記事にしようかなと考えてます。


近況ですが、以前話していた自分の自作ゲームブック作りを再開しはじめました。一時期パラグラフ100位まで作成しましたが、根本的なシステムを変えて一から作り直す事にしました。

前回「Divine GameBook Creator」で作成した「禁断の魔術書」では戦いありステータスあり魔法ありのバリバリなゲーム性のある自作ゲームブックでしたが、今回考えているのは現実を舞台にした恋愛をテーマにしたものでフラグ立てがある以外はステータスやダイスロール、戦闘などはなく、ストーリー性に重点を置いて作りたいと思います。元々昔にに小説として書き出したものなのでおおまかな話の流れは出来上がっています。
「StoryBook」でプロットを立てて「The GameBook Authoring Tool」で書き出し、「AXMA Story Maker」で公開しようかなと現在の所考えてます。

ただ、継いだ家業の方が忙しくなってきたので、これからあまり記事を更新できなくなるかもしれません。一応何か情報がありましたら逐一記事にしていくつもりです。

記事について何か聞きたいことや紹介してほしいツールや自作ゲームブック作ったから読んでみてというものでもいいので気軽にコメントくださいね。
posted by ゲームブック作成ツール集! at 20:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

ゲームブックのアプリを製作するツールはあるのか?

今回の記事はゲームブック製作そのものとはちょっと話が変わります。
単純にゲームブック作成したいと言う方にはあまり有用な記事ではないと思います。


ゲームブック製作ツールをこれまで色々と紹介してきた中で
スマートフォンのアプリとして出力できるゲームブック製作ツールはないですか?というメッセージを頂きました。

今の時代、スマートフォンが全盛期となってきましてアプリでゲームブックを配信している所が増えてきました。

実を言うとこれまで紹介してきたツールで作られたHTMLゲームブックの類いもアプリです。
ただインターネットのページでゲームブックを展開しているように見えますが、最新のものは一つのファイル(ページ)で複数の選択肢を表示するようプログラムが組まれているものもあります。

もちろんブラウザが標準装備されているスマートフォンならダウンロード〜インストールせずにそのまま表示して楽しめます。

こういったものは一概にWEBアプリと呼ばれています。プログラムで動いているわけですからアプリなんだと思います。

一般的にアプリと聞くとAppStoreやGooglePlayなどで配信されそれをダウンロードしてインストールして使うタイプのものをアプリと連想しますが、これらはネイティブアプリと呼ばれるものです。

何が違うかというとWebアプリはプラットフォームを選びません。一つ製作すればWindowsでもMacintoshでもUbuntuでも、そしてiPhoneでもAndroidでもブラウザがあればどのような端末でもほぼ同じ環境のアプリが提供できます。

ネイティブアプリというのは逆にプラットフォームに縛られます。iPhone用に製作したアプリはAndroidやWindowsでは動きませんし、その逆も同じです。各端末毎にプログラムを作らないといけません。

ネイティブアプリの強みはWEBアプリよりも動作が軽い点と各マーケットに登録できるので宣伝効果があるという点でしょうか。プッシュ通知が出来たり、あとは端末のカメラやGPSなどと連携が出来ると言う点です。
しかしながら動作が軽いと言っても恩恵にあやかれるのはアクションゲームなどの動的要素の強いゲームなどで、静的要素の強いゲームブック関連のアプリはWEBアプリでもネイティブアプリでもそれほど変わらないと思います。
ましてやゲームブックアプリでカメラやGPSなどと連携する必要性もあまり考えられません。プッシュ通知だってゲームブックを楽しむ事とは何も関連性もないでしょう。

端的に言えばゲームブックなどのアプリではWEBアプリもネイティブアプリもそれほと変わらないと私は思います。
中にはWEBアプリをネイティブアプリ化して公開しているものもありますからね。

日本ではiPhone用のゲームブックアプリが割と沢山でているようですね。これらはネイティブアプリですが、スクリプトさえ組んでHTML5で製作すればほぼ同等のWEBアプリが作れるでしょう。

それらのアプリをAndroid向けに出す事が出来ないのは、製作しているチームの使っている製作ツールがiPhoneしか対応していないからだと思います。おそらく製作チームの人数が少ないと思いますから致し方ないと言えばそれまでですが…
結局の所、限られたマーケットでしかコンテンツを提供できない結果を生んでいます。

どうせ静的要素の強いゲームブックアプリですし、Webアプリとして作ってからネイティブアプリにしてストアで公開すれば至る所で流用できるのに勿体ないと感じます。



話が逸れましたが自作ゲームブックをネイティブアプリにて作れるかと言うと、それは作れます。

では製作支援ツールはあるのかというと、それもあります。
ですがゲームブックに特化した製作支援ツールはありません。あくまでアプリ全般の製作支援ツールです。

そういった製作支援ツールの中にはプログラミング不要と謳っているものもありますが、プログラミングの手間を補う為のものでプログラミングの知識が不要というものではありません。

ネイティブアプリはプログラムですので(Webアプリもそうですが…)プログラミングの知識は必要不可欠です。
Webアプリのように作成してすぐ楽しむなんて事もできません。作成したらビルドという作業が必要です。

そしてネイティブアプリを公開するのにもストアに登録しないといけません。これには登録料がかかります。
アプリをストアに出すのにも審査が必要です。最近は電子書籍系統のアプリは落とされるような話も聞きます。ゲームブックは電子書籍に近い形ですので何か付加価値を付けないと危ういかもしれません。

ストアに出さずに独自で公開する手段もあるにはあります。野良アプリとか勝手アプリとかそういう名で呼ばれています。Androidならありますが、iPhoneは受け手の端末をジェイルブレイクしてないとインストールできないようです。ジェイルブレイクやルート化しているユーザーなんてほんの一握りのコアなユーザーだけでしょう。当然敷居は高いです。

ですが人気が出たなら儲けも大きいと思います。データですから原料代もありませんから。

ネイティブアプリで自作ゲームブックを公開したい方はアプリの製作支援ツールを使うといいかもしれません。


プログラミング不要!無料でアプリ開発できるツールまとめ
http://appmarketinglabo.net/app-develop-freetool/


こちらのサイトにアプリの製作支援ツールが沢山紹介されています。ですがゲームブック製作に特化されたツールはありません。あくまでアプリ全般の製作支援ツールです。
そしてプログラミング不要でもプログラミングの知識は必要です。

上のサイトのトップで取り扱っている「MONACA」(http://monaca.mobi/?lang=ja)ならWEBアプリをベースに各プラットフォーム向けにネイティブアプリとして展開できるもののようです。ですがこちらのツールはプログラミングが必要のようですね。

もし敷居が高いなとお考えなら以前紹介した「ティラノスクリプト」(http://tyrano.jp)を使ってみるのもいいかもしれません。こちらはサウンドノベルに近い形でバトルなどのスクリプトはありませんが簡単なプログラムで作れますし、ネイティブアプリにする事も可能です。


こちらのブログではネイティブアプリ開発についてはあまり知らないので、それらのツールについても使い方までは伝授できないですが、至る所に国内のチュートリアルサイトがあると思われますので検索して調べてみるといいかもしれません。
posted by ゲームブック作成ツール集! at 18:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする